転職でキャリアアップすることの重要性について

転職でキャリアアップすることの重要性について

転職によるキャリアアップ

 

 転職をする理由として欠かすことができないのが、今の自分よりもキャリアを増やす(積み上げる)ということです。給料が低いから転職するということも理由としては正しいのですが、そこに「キャリアアップ」が重なっているかを考えて転職をするようにした方が、将来の自分にとってかなり有益になります。

 

 というのも、仕事によってしか次の会社で自分をアピールする方法がないからです。経歴を少し大げさに書こうとしても、リアリティのない職務経歴書は人事担当者にはすぐに分かりますし、仕事をすることに対する意欲や考え方というものは、仕事をしっかりした人にしか語ることができません。

 

 つまりは、書類選考で通ったとしても面接で落ちてしまうのはこうしたキャリアに対する考え方が出てこない結果とも言えます。

 

職務経歴に残る仕事をする

 

 将来的に他の会社へ行くことを前提に転職をする場合には、自分の職務経歴書にしっかりアピールができる業務を経験することが重要です。

 

 そこには給料の額という考えを飛び越えたものが必要です。目先の給料をアップするのではなく、生涯年収を確実にアップさせるための転職というものを30代前後の方は特に目指した方が良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ