転職時に圧迫面接に出会った時には

転職時に圧迫面接に出会った時には

転職の面接はその会社によって違ってくる

 

 会社によっては筆記試験の有無の違いもありますし、面接の形式の違いもあります。特に面接の形式に関しては、慣れていないと後れを取ってしまう可能性も十分考えられるため、考えられる面接の形をシミュレートしておくことが面接を突破する一つの方法となるでしょう。

 

 そこで、圧迫面接を受けた時にはどうすればよいのか。焦ってしまうこの形式だからこそ、対策を考えておきましょう。

 

圧迫面接では冷静になることが最重要

 

 圧迫面接で求められているのは、いかに冷静に対処できるかどうかです。確かに、人を勘定手金させるような質問もあるでしょう。しかし、そこで冷静になれるかどうかを相手は確認しているのです。

 

 面接官も圧迫面接をしたくてしているわけではありませんし、相手に感情をぶつけても仕方がありません。いかに堪えることができるか、自分のできる限りの落ち着きを払うことによって、面接を突破しましょう。

 

それでも耐えられないと思った時には

 

 そんな時には、思い切ってその会社を諦めることも一つの手です。余程条件が良いわけでもなければ、次の転職につなげられる可能性は十分にあります。圧迫面接をするところは信用できない、という考えは、間違っているわけではないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ